耐震基準@改正年度

耐震基準

大きく分けると旧耐震と現行の新耐震

旧耐震は昭和56年1981年から昭和58年1983年より以前に建築された建物の場合大まかな概要ですが震度5までを基準として設計されているので、震災が起こったときに倒壊の恐れがありますとの事

昭和58年以降に建築されたものは新耐震基準の建物となっているとのことです ※震度7を基準としている

旧耐震の2年間のタイムラグは基準を適用するまでの準備期間があったので58年までは要確認が必要という意味です

現在は物件を買う際に不動産業者を介しての場合重要事項説明にて必ず説明をしております

購入前にも事前説明をしているとことがほとんどですので、気になる場合は不動産業者に聞いてみましょう

コメントを残す