不動産の売却・買取・査定を考えている方


無料査定・無料調査・無料広告
 
  相談はもちろん無料
 
  秘密はもちろん厳守
 
  立場はお客様第一主義
 
あゆみホームは上記のことをお約束の大前提とします。

売却のステップ解説

STEP1:売却を考えたら・・・

価格を知ろう
まず自分の住まいが、どれぐらいの価格で売れるのか? また買い手はいるのか? これが知りたいところですよね。 不動産広告などで、大体の相場をお知りになったり、近所で売り出されている物件があれば、その家の価格を知るのも重要です。


STEP2:売却総費用はいくら・・・

諸費用を知ろう
不動産は買う時はもちろん、売る時にも諸費用が必要です。 例えば、下記のようなものが費用としてかかります。 仲介手数料 印紙税 司法書士への報酬 借入のある方は抵当権抹消登記 事務手数料 所得税 住民税 引越し費用 リフォーム費用 その他・・・ 必要な場合があります。


STEP3:無料査定を頼む・・・

お気軽にお申し付けください
査定価格は、市場に売り出しを行った場合、売却可能だと予想される金額のことです。 電話やFAX、メールなどで無料査定を依頼し、場所・立地条件や土地や建物の面積、現在の相場などを勘案した簡易査定をします。 その後物件を訪問・内覧、お話を聞かせていただいて、査定価格を決めさせていただきます。 この査定金額をベースにして、当社では、早めに売れる価格、やや時間をかけて売れる価格、ご希望の方には買取価格を提出させていただきます。
無料査定依頼はこちらからどうぞ!


STEP4:売却を頼む・・・

依頼契約を結ぶ
お客様と当社で売却を依頼する契約を結びます。 買取の際にも契約いたします。 媒介には次の3種類があります。
専属専任媒介契約 依頼者…媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。また、依頼者は、自分で見つけた相手方と不動産会社を通さずに売買契約を締結できません。 媒介業者…目的物件を不動産流通指定機構(レインズ)の登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。
専任媒介契約 依頼者…媒介を依頼した不動産会社以外に媒介を重複して依頼できません。自分で見つけた相手方となら不動産会社を通さず、売買契約を締結することができます。 業者…目的物件を指定流通機構に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。
一般媒介契約 依頼者…複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができます。 業者…物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。
 


STEP5:売却活動を開始・・・

いよいよ販売開始
媒介契約を結んだ後は、当社が売却を実現するため、積極的な営業活動を展開します。広告(チラシ)やインターネットを利用したり、その他多様な媒体や手段を活用して営業を行います。
 


STEP6:売却の契約・・・

売主として契約する
売却物件に買い手がついた場合、買受申込書を取得し、代金の支払・物件の引渡し時期等の条件の詳細を決めます。内容が決定した後、不動産売買契約の締結となります。
‐契約時に必要な主なもの‐ 印紙代 仲介手数料の半金(別途消費税等がかかります) 登記済証(権利書) 実印 固定資産税納税通知書 本人確認が出来る物 その他・・・必要となります。
ご相談は秘密厳守です!ご依頼はこちらからどうぞ!


STEP7:抵当権の抹消・・・

住宅ローンなどの残債整理
売却される物件に住宅ローンなどが残債として残っている場合は、残債を清算し、抵当権を抹消する必要があります。抵当権抹消の手続きは、司法書士へ依頼します。


STEP8:売却の完了・・・

おつかれさまでした
以上にて、お客様の不動産の売却が完了いたします。 不動産の売却をお考えになりましたら、是非あゆみホームへご連絡ください。
お問合せフォーム、 電話、ファックス、メールにて受付いたしております。


参考:住み替えのお客様・・・

住み替えはタイミングが重要です
住み替えは大きく分けて5つのパターンに分かれます。
①持ち家を売って住み替え先を買う
  ・・・売却資金を頭金などの購入資金に充てる
②持ち家を貸して住み替え先を買う
  ・・・賃貸収入を購入ローンに充てる
③持ち家を売って住み替え先を借りる
  ・・・手持ち資金を確保して賃貸費用に充てる
④持ち家を貸して住み替え先を借りる
  ・・・貸す収入を借りる費用に充てる
⑤持ち家に住み続けてもう一軒買う
  ・・・セカンドハウス、二地域居住の方
★売る・買う・貸す・借りるのタイミングが難しい住み替えは、あゆみホームにご相談ください。